ふくながブログ

2015年5月20日 水曜日

交通事故によるむち打ちの症状と治療について

春日井市の交通事故によるむち打ちの症状と治療には春日井市の整骨院、ふくなが接骨院にお任せください。

院長の福永です。
当院は交通事故治療に特化した整骨院で、特にむち打ち症の治療には並々ならぬこだわりがあります。
今日は交通事故で頻発するむち打ちについて話を進めてみたいと思います。

交通事故によりむちうち症状が出られた場合、初期の治療がとても大切になります。
交通事故によるむち打ちにあまり詳しくない整骨院などでは初期治療を誤ってしまうことがあるので注意が必要です。

いわゆる❝むち打ち❞の正式な病名は❝外傷性頚椎捻挫❞と言います。
捻挫と言うからには当然、靭帯や腱、筋肉や神経などの軟部組織を損傷したり、炎症を引き起こして痛み、シビレなどを発生させます。

レントゲン検査では骨しか写らない為に異常なしと言われることが多いのですが、レントゲンには写らない軟部組織の損傷や炎症があるので、適切な治療が行われないと後遺障害を残すことも珍しくありません。

むち打ちの初期治療はとにかく安静が基本になります。
炎症を抑えるためのアイシングや頚椎に負担をかけないために頚椎カラーを用いて安静を保つのも良いでしょう。

間違った初期治療は後々痛みを残す原因となりますので、きちんとむち打ち症が診れる医療機関を選択してください。
もし、間違った処置を行う医療機関にかかられているようでしたら早目の転院をお勧めします。

交通事故によるむち打ち症状でお困りの方は、春日井市でむち打ち症の治療実績のあるふくなが接骨院にお気軽にご相談ください。


春日井市 交通事故 むち打ち 治療 整骨院 ふくなが接骨院
春日井市 骨盤矯正 腰痛 背骨の歪み 整骨院 ふくなが接骨院



投稿者 ふくなが接骨院

問い合わせはこちら